事故誘因の調査、不適合、是正処置及び予防処置(4.5.3項):OHSAS18001の窓

HOME >> 点検及び是正処置(4.5項) >> 事故誘因の調査、不適合、是正処置及び予防処置(4.5.3項)

2009年01月03日

事故誘因の調査、不適合、是正処置及び予防処置(4.5.3項)

OHSAS18001:2007規格の4.5項:『監視』の

事故誘因の調査、不適合是正処置及び予防処置(4.5.3項) 」は、以下のように「事故誘因の調査(4.5.3.1項)」ならびに「不適合是正処置及び予防処置(4.5.3.2項)の二つの4桁項番から構成される形に変更されています。

「incident」について「発生事象」と訳すものもありますが、ここでは、事故誘因とします。

oxford dictionaryによるとincidentは、以下のように取り上げられています。

  1. something that happens, especially sth unusual or unpleasant:
  2.  a serious or violent event, such as a crime, an accident or an attack::
  3. a disagreement between two countries, often involving military forces::

すなわち「出来事、事故」で、OHSASで用いられる概念としては、3.9項の用語の定義にあるように

傷害や疾病(その深刻さには関わらず)や死亡が発生したあるいは、発生したかも知れない業務に関係した出来事

でヒヤリハット(または、ニアミス)から、事故、(あるいは緊急事態も)含んでの出来事ということになります。

事故誘因の調査(4.5.3.1項)」では、以下の通り要求されています。


 組織は、以下を行うために事故誘因について記録し、調査し、分析する手順を確立し、実行し、維持すること。

 a) 根本的なOH&Sの欠陥及び事故誘因の発生の原因となっている、または、寄与しているその他の要因を決定する;

 b) 是正処置の必要性を明確にする;

 c) 予防処置の可能性を明確にする;

 d) 継続的改善の可能性を明確にする;

 e) それらの調査結果について伝達する;

 調査は、タイムリーなやり方で行うこと。

明確にされた是正処置の必要性や予防処置の可能性は、4.5.3.2項の適切な部分と整合して取り扱われること。

 事故誘因の調査の結果は、文書化され、維持すること。

ここでは、(ヒヤリハットから、事故(緊急事態も)といった出来事)=事故誘因が発生したら、上記のa)~e)を実行できるための手順を確立することが要求されています。したがってこれらの内容を含めた事故誘因記録、調査、分析の手順をマニュアル等に規定しておくことが必要です。

事故誘因がヒヤリハットであれば、予防処置につなげ、事故であれば、再発防止のための是正処置につなげ、かつ、生命に影響を及ぼす事態であれば、緊急事態の手順に基づく対応が必要になります。是正処置及び予防処置については、4.5.3.2項の是正処置、予防処置に基づく手順に繋がります。事故誘因の発生に関係する管理策の運用管理手順の見直しや「パフォーマンスの監視とモニタリング」に関わる監視測定の手順の見直しといったことが必要になります。管理策が変更されたりするのであれば、リスクアセスメントを実施して、変更された管理策で許容可能なリスクレベルを維持できるかとの確認も必要です。

また関係者に調査結果を周知しておくことも要求されています。

事故誘因の調査結果を記録に残しておくことも要求されていますので、ここは、そのための手順内容を含んだ事故誘因記録のための様式を作成して活用するのが望ましいと思われます。

つまづき事故のjpeg画像

また「 不適合是正処置及び予防処置(4.5.3.2項)」では、以下のように要求されています。

 組織は、実際の或いは潜在的な不適合を取扱い、是正処置及び予防処置を行うための手順を確立し、実施し、維持すること。手順には、以下の要求事項を規定すること。

 a) 不適合を明確にし、修正し、そのOH&S上の結果を軽減する処置を取る;

 b) 不適合を調査し、その原因を突き止め、その再発を防止する処置を取る;

 c) 不適合を予防する処置の必要性を評価し、その発生を避けるために考案された適切な処置を実行する;

 d) 取られた是正処置と予防処置の結果を記録し、伝達する;

 e) 取られた是正処置と予防処置の有効性をレビューする;

 是正処置及び予防処置が新たな、もしくは変更されたハザード、または、新たなもしくは変更された管理策へとつながる場合には、手順は、提案された是正処置が実行される前にリスクアセスメントが実施されるということを要求していること。

 起こった及び潜在的な不適合の原因を除去するいかなる是正処置及び予防処置も適切に問題を軽減し、生じたOH&Sリスクに見合ったものであること。

 組織は、是正処置及び予防処置から生ずる必要な変更がOH&Sマネジメントシステムの文書に対してなされることを確実にすること。

事故誘因は、疾病や傷害に繋がるヒヤリハット(ニアミス)と事故を取り扱いますが、この4.5.3.2項は、不適合と潜在的な不適合になりますでの、要求事項を満たしていないことへの対応で、事故誘因に加えて、法的及びその他の要求事項、方針及び目標からの逸脱、組織で規定した手順書の要求を満たしていないこと。さらには、監視測定で見いだされた管理基準からの逸脱などOHSMSにおける要求事項を満たしていない内容を総合的に取り扱います。


組織において不適合の基準があいまいなものについては、不適合の定義を明確にしておくことも必要です。修正は、不適合を取り除く処置、これに対して是正処置は、不適合の原因を取り除く処置になります。すなわち、再発防止策が必要です。e)項の有効性のレビューは、a)からd)のすべてを総括してレビューすることが必要です。

是正処置及び予防処置からOH&Sに変更が生じた場合には、OHSMSの管理文書の改訂によりその内容をOHSMSに反映したおくことが必要です。

【このページをソーシャルブックマークしてみんなに紹介する!】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ FC2ブックマークに登録する FC2ブックマーク
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク newsingブックマークに登録する newsingブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク
ニフティクリップに登録する ニフティクリップ BlogPeople Instant Bookmarkに登録する BlogPeople Instant Bookmark
PingKingポッケに登録する PingKingポッケ

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ | 次のエントリーへ »

【点検及び是正処置(4.5項)カテゴリーの関連記事】

投稿者 corydoras on 2009年01月03日 11:38

事故誘因の調査、不適合、是正処置及び予防処置(4.5.3項)を最後までお読下さいましてありがとうございます。
事故誘因,不適合,是正処置に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
事故誘因,不適合,是正処置に関する記事をお持ちの方や事故誘因,不適合,是正処置関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/202

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)