ハザード(危険源)の特定の要領:OHSAS18001の窓

HOME >> 計画(4.3項) >> ハザード(危険源)の特定の要領

2009年08月28日

ハザード(危険源)の特定の要領

ハザード(危険源)の特定は、OH&SMSの適用範囲においてどのような危険源があるかを特定することで、OHSAS18001:2007規格では、3.7項で以下のように定義されています。

ハザードが存在することを認識し、その特性を明らかにするプロセス。

また4.3.1項では、ハザード(危険源)の特定とリスクアセスメントの手順では、以下のことを考慮に入れることが要求されています。

a)定常と非定常活動
b)(請負者や訪問者も含む)職場に出入りする全ての人々の活動
c)人間の行動、その可能性と他の人的要素
d)職場内で組織の管理下にある人々の安全衛生に悪影響を及ぼす職場の外からもたらされる特定されたハザード
e)組織の管理下にある仕事に関係する活動により職場の付近で生じたハザード
(注記:環境側面のようなハザードが評価されるとより適切であるかも知れない)
f)組織、または、他者により提供される職場にあるインフラストラクチャー、機器、材料g)組織、または活動、材料の変更あるいは、計画された変更
h)一次的な変更、または、操業、プロセス、活動に及ぼす影響を含むOH&Sマネジメントシステムに対する修正
i)リスクアセスメントと必要な管理策の運用に関する全ての適用可能な法的規制
(3.12の注記を参照)
j)人的能力に対する適応性を含む、作業場、プロセス、設備、機械/装置、操作手順、作業組織の設計

一般には、ハザードの特定の準備として以下のような情報を整理します。

  1. 過去の事故やヒヤリハットの記録
  2. これまでの現場での安全パトロールやKY活動で指摘されたり取り上げた記録
  3. 機械装置等の一覧

これらに基づいて、例えば、機械類の危険に関わるJIS B 9702:2000の付属書A「危険源、危険状態、危険事象の例」にあるような

  • 「機械的危険源」
  • 「押しつぶしの危険源」
  • 「剪断の危険源」
  • 「切傷または切断の危険源」
  • 「巻き込みの危険源」

…等を参考にしてハザードの例をリストアップし、それをチェックリストとして準備し、ハザードが自社には存在するかどうかをチェックする表を作成して行うのが一般的に行われている方法になります。

英文になりますが、こちらのECのリスクアセスメントのguidanceの資料の31pの付属書1Aの危険源も参考になります。

工事現場での日常を示すイラストのjpg画像

さらに望ましくは、これらの危険源を縦軸に、横軸には、上記、1、2,3や5W1Hの観点から誰が何時どこで危険源に遭遇するか、更には、上記のa)からj)までの内容、更には、現在実施されている管理策の内容を整理した表としてまとめていくと漏れなく効率的に危険源の洗い出しができるように思います。

【このページをソーシャルブックマークしてみんなに紹介する!】
Yahoo!ブックマークに登録する Yahoo!ブックマーク はてなブックマークに登録する はてなブックマーク
livedoorクリップに登録する livedoorクリップ FC2ブックマークに登録する FC2ブックマーク
Buzzurlブックマークに登録する Buzzurlブックマーク newsingブックマークに登録する newsingブックマーク
イザ!ブックマークに登録する イザ!ブックマーク del.icio.usブックマークに登録する del.icio.usブックマーク
ニフティクリップに登録する ニフティクリップ BlogPeople Instant Bookmarkに登録する BlogPeople Instant Bookmark
PingKingポッケに登録する PingKingポッケ

« 一つ前のエントリーへ | HOMEへ

【計画(4.3項)カテゴリーの関連記事】

投稿者 corydoras on 2009年08月28日 12:17

ハザード(危険源)の特定の要領を最後までお読下さいましてありがとうございます。
ハザードの特定に関するトラックバックやコメントを受け付けています。
ハザードの特定に関する記事をお持ちの方やハザードの特定関連のブログをご紹介ください。
必ず訪問させて頂きます。

このエントリーを友達に紹介する!

友達のメールアドレス:

あなたのメールアドレス:

メッセージ(オプション):

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://isolesson.com/blog/mt-tb.cgi/206

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)